新型コロナウィルス対策

換気設備の増強を実施しました

成田店、うすい店ともに換気設備を大幅に強化いたしました。スイッチ入れれば、ほぼ屋外です。

換気容量はCDC(米国疾病予防管理センター)の隔離医療施設の既存建物換気回数基準6回を余裕をもって越えるレベルとなります。

換気は国内、地域の感染症の状況と気温、エアコン、店内のご利用人数等との兼ね合いで調整いたします。常時全力ONになるということではありませんので予めご了承ください



ウィルスを死滅させる銅の活用


光触媒+銀イオンコート

効果が恒久的な銅シートでは対応できない部分には、室内光の力でも細菌、ウィルス、汚れを分解できる可視光応答型光触媒・銀イオンコートをジム内の手に触れる部分すべてに施工いたしました。
効果は半年〜1年ということですが、摩擦や負荷のかかる部分は抗菌コートが摩耗することが考えられます。

清浄度を測定できるテスターにより効果を適宜確認し、必要に応じて再施工を行ってまいります。



持ち運べる除菌スプレー

EVERFiT24では会員さまひとりひとりが自分で除菌スプレーを持ち運べる環境になっています。マシンや器具の使用前にグリップ部分を除菌したり、気になるときはいつでもご自分の手指を除菌できることで「自分の身は自分で守る」ことが可能になっています。

店内で自由にお使い頂ける除菌スプレーは、コロナウィルスに対する効果がアルコール同等の次亜塩素酸水をご用意しています。

次亜塩素酸水はアルコールと違い、手指に使用しても肌荒れしにくい上、人体には無害なのでご安心してご利用頂けます。

拭き取り用のクロスもマシンに備え付けではなく、会員さまひとりひとりが新しいものを使用できますので安心してご利用頂けます。

このクロスも毎回、洗濯し、高温のガス乾燥機による乾燥を行っていますのでご安心ください。

 


清浄度を測定できる装置を導入

 医療現場や食品工場などで使用されているルミテスターを導入いたしました。

ルミテスターは汚れを数値化できる装置であり、ウィルス・細菌数を直接表示できるものではありませんが、清浄度を測定することにより消毒・除菌の状況を確認し、抗菌コートの有効性や感染症予防の取り組みの状況を数値で確認することが可能になります。

EVERFIT24ではマシンや器具の清浄度を定期的に測定し、どこよりも清潔な状態を維持する考えです。

 

キッコーマン・ルミテスター


徹底した除菌環境

除菌スプレーは店内だけでなく、店を出たところにも設置しています。

ドアノブなど触った後はやはり気になりますよね。建物を出た後の手指の除菌で完璧です。

 

 

感染予防は会員さまだけでは不十分。

地域の方も除菌スプレーを使用できるようにしてあります。


パーティションの設置

トレッドミル,バイク等の有酸素マシンの間にはパーティションを設置いたしました。

隣の方との間に物理的に界壁を設けることにより、感染対策はもちろん、隣の方が気にならず運動に集中しやすいと好評です。




ウィルス対応HEPAフィルター搭載空気清浄機の設置

 

うすい店のトレッドミル(ランニングマシン)エリアの一部には花粉やPM2.5はもちろん、コロナウィルスも捕捉可能と言われているHEPAフィルター内蔵の空気清浄機を設置いたしました。

 

次亜塩素酸水による空間除菌

店内各所には次亜塩素酸空間除菌装置や次亜塩素酸水を使った加湿器を設置しております。店内にわずかに漂う塩素臭は人体には無害・安全、でもウィルスには強い除菌効果のある次亜塩素酸水の匂いです。 


その他の対策

店内でのマスク着用のお願い、マスクや消毒液の販売は状況が変わるまで継続していく予定です。

今後、上記にご紹介している対策以外にも複数の新型コロナウィルス対策を計画・準備しております。